Ch.6 SML#プログラミング環境の準備

§ 6.6. smlsharpコマンドの起動モード

smlsharpの主な実行モードは以下の4つです.

対話型モード

smlsharpをパラメタなしに起動すると,対話型セッションを実行します.

コンパイル・リンクモード

一つのソースファイルを指定して起動すると そのファイルをコンパイルし,実行形式プログラムを作成します.

コンパイルモード

-cスイッチを指定して起動すると,指定されたソースファイルをオブジェ クトファイルにコンパイルします.

リンクモード

一つのインターフェイスファイル(smiファイル) を指定して起動すると,インターフェイスファイルに対応するソースファイルと インターフェイスで参照されたすべてのソースファイルがコンパイル済みとみなし, それらすべてのオブジェクトファイルをリンクし,実行形式プログラムを作成し ます.

これら実行を制御する起動スイッチとパラメタには以下のものが含まれ ます.

--help

ヘルプメッセージをプリントし終了.

-v

種々のメッセージを表示.

-o file

出力ファイル(オブジェクトファイル,実行形式ファイル)の名前を指定.

-c

コンパイルしオブジェクトファイルを生成.

-S

コンパイルしアセンブリファイルを作成.

-M

コンパイルの依存関係を表示

-MM

システムライブラリを除いたコンパイルの依存関係を表示

-Ml

リンクの依存関係を表示

-MMl

システムライブラリを除いたリンクの依存関係を表示

-I dir

ソースファイルのサーチパスの追加

-L dir

リンカーへのライブラリファイルのサーチパスの追加

-l libname

リンク時にライブラリlibnameをリンク

-Wl,args

リンク時にCコンパイラドライバ(gccclang)へargsをパラメタとして渡す

-c++

リンク時に用いるコンパイラドライバとしてC++コンパイラ を用いる. C++で書かれたライブラリとSML#プログラムをリンクするときに 指定します.