SML# - SmlSharpFeatures Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

SML#は実用プログラム開発上重要な以下の機能を装備した新しい関数型プログラミング言語である.
*[[Cとのシームレスな連携|FeatureInteroperability]]
*[[レコード多相性|FeatureRecordPolymorphism]]
*[[ランク1多相性|FeatureRank1Polymorphism]]
*[[多バイト文字処理等のライブラリ|Library]]
*[[自動プログラミングツール|Tools]]
*[[データベース拡張|smlsharp:?FeatureDatabaseIntegration]]
さらにSML#は,Standard MLと上位互換性を保つように慎重に設計されている.
* SML#コンパイラは,Definition of Standard MLで定義された言語仕様をみたすすべてのプログラムをコンパイル可能.
* Basis Libraryをサポート.
これら特徴によって,従来の豊富なStandard MLのライブラリコードを利用し
ながら,SML#が実現する最新の高度な機能を使うことが可能.

SML#は幅広いプラットフォーム上にソースおよびバイナリとして提供予定で
ある.現在のSML#0.20版では,以下のプラットフォームをサポートする.
* ソース (各プラットフォーム対応のconfigure & make)
* Mac OS X Intel/PowerPC ユニバーサルバイナリ
* Windows バイナリインストーラ