(14-6)[ML] bool型の基本操作

[ トップ | 目次 | 前ページ | 次ページ ]


bool型は条件判定などの結果を表現するためのデータ型であり,その定数は

true

false

のみである,以下のようにこのまま記述する,

# true;
val it = true : bool
# false;
val it = false : bool

bool型の基本操作(対話型環境に定義済み)

bool型データの演算に対しては以下の特殊構文が用意されている.

if b then exp1 else exp2

条件式である.bool型を持つ式bの評価の結果がtrueならexp1を評価しその結果を返し,falseならexp2の式を評価しその結果を返す.

b1 andalso b2

bool型を持つ式b1とb2の論理積を表す.b1を評価しその結果がtrueならb2を評価した結果を返し,falseならb2を評価せずfalseを返す.

b1 orelse b2

bool型を持つ式b1とb2の論理和を表す.b1を評価しその結果がtrueならb2を評価せずtrueを返す.falseならb2を評価した結果を返す.

さらに以下の関数が定義されている.

意味
not bbの否定.bの評価の結果がtrueならfalseをfalseならtrueを返す.

bool型の基本操作(ライブラリ関数)

string型の基本ライブラリ名はStringである,その内容は以下の通り,

# structure A = Bool;
structure A
: sig
    datatype bool
    con false : bool
    con true : bool
    val fromString : string  -> bool option
    val not : bool  -> bool
    val scan : ['a .(char, 'a) StringCvt.reader  -> (bool, 'a) StringCvt.reader]
    val toString : bool  -> string
  end
#

[ トップ | 目次 | 前ページ | 次ページ ]

Last modified:2007/05/07 02:13:25
Keyword(s):
References:[(15)[ML] 基本データ型と基本演算]