(2) MinGWとMSYSをインストール

[ トップ | 目次 | 前ページ | 次ページ ]


MinGW(Minimalist GNU for Windows)は,Windows上でGNUのGCC(Cコンパイラ)を用いてアプリケーションを構築するためのプログラム環境である.MSYS (Minimal SYStem)はMinGWを利用する最小の環境を提供するアプリケーションである.この二つをインストールし,Meadowと一緒に使用すれば,Unix系OS と同様の感覚でCのプログラミングを楽しむことができる.

MinGWとMSYSのインストール

インストールの際種々のファイルがダウンロードされるので,まずダウンロード先のフォルダを作成する.ここではMinGW-MSYSとする.

MinGWとMSYSはともにSourceForgeのMinGW projects から配付されている.ここのダウンロードページ に行き「Current」の「View older releases from the Current Package」を開き「MinGW」タブをクリックし,MinGWの最新版をMinGW-MSYSにダウンロードする.同様に「MSYSY」タブをクリックし,MSYSの最新版をMinGW-MSYSにダウンロードする.このチュートリアル執筆時点ではそれぞれMinGW-5.1.3.exe およびMSYS-1.0.10.exe である.

次に,MinGW-MSYSフォルダを開き,MinGW-5.1.3.exeをダブルクリックしインストールする.その際.'''「Choose Components」のダイアログボックスでは,すでにチェックされている「MinGW base tools」に加えて「g++ compiler」をチェックする'''.それ以外はすべてデフォールトでよい.

MinGWをインストールした後,MSYS-1.0.10.exeをダブルクリックしMSYSをインストール.インストーラが終了するとポストインストール処理が起動される.コマンドプロンプトウインドが開き質問されるが、以下のように応えればよい.

  • Do you wish to continue with the post install? [yn ] y
  • Do you have MinGW installed? [yn ] y
  • Where is your MinGW installation? C:/MinGW

GCCコンパイラのパスの設定

以上でMinGWとMSYSMは使用可能であるが,この中のGCCコンパイラをMeadowの中から使用するためには,パスを設定する必用がある.Windows XPでの設定方法は以下の通りである.

  1. 「スタート」->「コントロールパネル」と進み,コントロールパネルの中の「システム」アイコンをダブルクリックする.
  2. その結果現れる「システムプロパティ」ウインドウの「詳細設定」タブをクリックする.
  3. そこの「環境変数」ボタンをクリックする.
  4. 「システム環境変数」の中のから「Path」変数を選択し「編集」ボタンをクリック
  5. 「変数値」の先頭までカーソルを左矢印で進め,そこに「C:\MinGW\bin;」という文字列を追加し,「OK」を押す.
  6. 「環境変数」画面に戻ったら再度「OK」を押し,「システムプロパティ」の画面にもどったら「OK」を押して終了..

次は,最新かつ最先端のML系言語SML#コンパイラをインストールしよう


[ トップ | 目次 | 前ページ | 次ページ ]