プログラミング言語SML#解説

Chapter 7. SML#の拡張機能:SQLのシームレスな統合

データを扱う実用的なプログラムを書くためには,データベースシステ ムとの連携が必要です. 現在もっとも普及しているデータベースシステムは,問い合わせ言語 SQLを用いて操作します. 種々のプログラミング言語で,データベース操作のためのマクロや関数 が提供されていますが,データベースを使いこなす本格的なプログラムを書くた めには,SQL言語そのものを使いデータベースシステムを呼び出すコードを各必 要があります. これまでの方法は,SQL文字列を生成するコードを書き,サーバに送る ことでしたが,SML#では,SQLそのものを型を持つ(したがって第一級の) 式として書くことができます. 本節では,その利用方法を学びます.

Contents