Pesto (ジェノバ風バジルソース) のパスタ

ジェノバ風ペストソースのパスタ

ジェノバへの出張の期待の一つはpestoソースのパスタであった.これは,私が私のアドバイザのところに滞在していたときに彼がつくってくれた料理の一つである.その鮮烈な印象に圧倒され,一度本場で味わってみたいと思ていた料理である.

ジェノバはいささか遠いので,私が時折作っている料理法を紹介しよう.以下の料理法は彼がそのとき紹介してくれたMarcella Hazanの"The Classic Italian Cookbook"(ISBN 0-345-31402-6)にほぼ準じている.なお,この本は作りやすさと本格的な料理の内容とのバランスの取れた良書である.この本の中でMarcella Hazanは,この料理を以下のような文章で絶賛している.

「もし詩の定義が,言葉のみならず大地から収穫される作物をも材料として許すものであったら,pestoはあらゆる名詩選集に収録されていたであろう.多くの優れた詩と同様,pestoは単純なものからできている.新鮮なバジル,にんにく,チーズ,そしてオリーブオイルを単に混ぜ合わせソースにしたに過ぎない.しかし,そのソースを口に含んだ時に広がるイタリアンリビエラの芳香は,人を魅了する圧倒的な力をもつ.」(原文は英語.)

材料(4,5人分)

この料理の場合,材料の割合はクリティカルではないので,オイル,チーズ,バジル,塩の割合を適当に変えて試してみるとよい.

作り方

  1. バジル,オリーブオイル,にんにく,松の実,塩をフードプロセッサで混ぜ合わせる.
  2. ソースが一様に混ざりペースト状になったらボールに移し,パルメザンチーズをいれフォーク等で混ぜ合わせる.
  3. チーズが混ざったら,同様にバターを加え混ぜ合わせる.
  4. パスタ(スパゲッティまたはフェトチーニ)をアルデンテにゆでる.
  5. ソースにパスタのゆで汁を大匙2ほど加え,適量をパスタにかける.

注意


member  collaborators  education  research 

Tohoku University   RIEC   Ohori Lab.