[ 大堀研 | 教育内容 | 講義関連資料 | システムソフトウエア工学,(概要,計算機システム部分,2017年度) ]

システムソフトウエア工学,(計算機システム部分,2017年度)

授業予定(講義室,試験日等)

宿題,試験の情報等

教科書

計算機システム概論--基礎から学ぶコンピュータの原理とOSの構造-- (ライブラリ情報学コアテキスト5)」(サイエンス社,2010年4月)

参考資料等

参考文献(references):標準的なOSの教科書,例えば以下のようなものが参考 になる.

講義の主旨と目的

本講義では,情報処理システムの基盤である基本ソフトウエア(OS)の 構造と緒概念を学ぶ.

近代的なOSは,ハードウエアの管理からユーザインターフェイスにいた る広範な機能を果たす複雑で大規模なソフトウエアであり,学ぶべき概念も多岐 にわたる. 本講義の目的は,そのようなOSの構造や緒概念の網羅的な解説ではなく, OSがハードウエアと協調して実現している情報処理システムの構造と原理を理解 することである. この目的を念頭に,チューリングに遡るデジタル計算機による情報処理 の原理およびデジタル計算機を実現する近代的なハードウエアの構造とソフトウ エアの役割を概観した後,主なOSの機能を説明する.

計算機システムをはじめて学ぶ学部学生が,論理回路やプログラムに関 する基本的な理解以外の特別な予備知識なしに,デジタル計算機がどのような原 理と構造によって汎用な情報処理システムを実現しているのかの全体像を理解で きるような講義を目指す.

本講義や本資料に関する質問やコメントを歓迎します. 直接著者まで電子メール等でお送り頂ければ幸です. なお,本資料は随時改訂いたします.

東北大学電気通信研究所 大堀 淳


Tohoku University   RIEC   Ohori Lab.

Last modified: 2014年 4月 11日